TOP | 個人情報 | 利用規約 | 広告掲載 | お問合わせ
ヤッピーE-BOOKS

Amazon.co.jpから販売されているKindleタブレット端末向けの電子書籍紹介サイト

この食事で自律神経は整う

この食事で自律神経は整う

この食事で自律神経は整う

Kindle本
販売:フォレスト出版
溝口徹 著

内容紹介

★★ フォレスト出版サマーフェスタ≪日本の夏、電書の夏≫★★
   半額キャンペーン期間:2017/8/10~2017/9/10

●自律神経を整えるには、食事を変えなさい

「やる気が出ない」
「いつも疲れている」
「なんかだるい」
「いつもイライラする」
「すぐ太る」

などの、心と体の不調の原因は、
自律神経が乱れているからかもしれません。

そんな方は「食事」を見直してください。
「何を」「どのように」食べるかだけで、
心は元気になったり、不調になったりするのです。

栄養療法の専門医師が教える
自律神経を整えるまったく新しい健康法!


●自律神経を整える鍵は、「腸」と「糖」が握っている

「脳腸相関」という言葉を聞いたことがありますか?
腸は「第二の脳」と呼ばれるほど脳と密接に関わっています。
たとえば、脳がストレスを感じると、胃腸に影響が出てきます。
そして、腸が不調になり、脳に影響を与えるストレスホルモンをつくりだし、
さらなる心と体の不調をつくり出すのです。

また、自律神経で唯一の調整役を担っている
「セロトニン」は脳では5%程度しかつくられず、
腸で約95%が作られているのです。

そして、自律神経の乱れの大きな原因には
糖があります。
日本人の食事は、実は糖質が多くなりがちで、
自律神経が乱れやすいのです。

本書でご紹介する食事を意識的に摂ることで、
あなたの心の不調はもちろん、体の不調や肥満は
みるみる改善していくのです。

*なぜ、疲れると甘いものが食べたくなるのか?
*「ご飯、塩鮭、おしんこ」の食事はやめなさい
*タンパク質は動物性と植物性のどっちがいい?
*過剰な脳内ホルモンが危険をもたらす
*自律神経が整わない人は、腸にも問題がある
*腸が生み出す使えるホルモン
*同じタンパク質は3日以上続けて摂らない
*セロトニンが腸の吸収を抑制する
*魚は内臓こそしっかり食べなさい

2017年05月20日リリース 詳細・ダウンロードはこちら

この商品のレビュー


2017年05月20日リリース 詳細・ダウンロードはこちら

ページのTOPへ戻る