TOP | 個人情報 | 利用規約 | 広告掲載 | お問合わせ
ヤッピーE-BOOKS

Amazon.co.jpから販売されているKindleタブレット端末向けの電子書籍紹介サイト

これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識【改訂版】 これだけは知っておきたいシリーズ

これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識【改訂版】 これだけは知っておきたいシリーズ

これだけは知っておきたい「労働基準法」の基本と常識【改訂版】 これだけは知っておきたいシリーズ

Kindle本
販売:フォレスト出版
吉田秀子 著

内容紹介

■【法改正に対応】社員とのトラブル急増!
会社が訴えられたら負ける

いまの時代、社員が会社を訴えたら
会社はほとんど負けてしまいます。
労働基準監督署の調査が入り、
裁判にでもなれば、会社規定の甘い企業やお店は
賠償金を払うケースが激増しています。

総合労働相談の件数は、2015年のデータで100万件以上。
こうした労働に関する相談が、
ひとたび訴訟となれば、会社の経営そのものが脅かされます。

■労働争議となる原因の多くは、

・過重労働(長時間労働)
・未払い残業
・就業規則なしでの労働
・ハラスメント(セクハラ・パワハラ等)
・うつ病
・労災
・有給休暇、フレックスタイム未規定
・労基法の無視

こうした原因に会社が対処していかなければ、
現在では“ブラック企業”と言われかねません。
つまり、会社にとって絶対的に不利な状況となっているのです。

また、労基法改定により、
新しく誕生した法規定も解説していきます。

・未払い残業で訴えられない方法
・法律違反にならない就業規則
・労働基準監督署の調査への対応

■改定部分では、

・36(サブロク)協定の特別条項
・ストレスチェック実施の流れ
・女性活躍推進法による行動計画策定 など

そのほか、「育児・介護休業法」や「労働安全衛生法」、
退職時のルールや労災が起きたときの対処、
割増賃金や法定休暇のルールなど、
知らなかったでは済まされない基本と常識が満載です。

「労働基準法」は、社長や人事担当者が押さえるべき
ポイントだけでも多岐にわたります。

労働トラブルが起こる前に、
ぜひとも備えておいていただきたい1冊です。



■目次
第1章 労働基準法って何?

第2章 雇うときのルール

第3章 労働時間のルール

第4章 残業時間、割増賃金のルール

第5章 賃金のルール
1
第6章 年次有給休暇、法定休暇のルール

第7章 出産、育児、介護で休むルール

第8章 退職時のルール

第9章 労災が起きたときの対応

第10章 労働安全衛生法のポイント
1
第11章 就業規則、諸規程のルール

第12章 労基署の調査への対応

第13章 労働トラブルの対処法

巻末 索引き

2017年04月21日リリース 詳細・ダウンロードはこちら

この商品のレビュー


2017年04月21日リリース 詳細・ダウンロードはこちら

ページのTOPへ戻る