TOP | 個人情報 | 利用規約 | 広告掲載 | お問合わせ
ヤッピーE-BOOKS

Amazon.co.jpから販売されているKindleタブレット端末向けの電子書籍紹介サイト

話ベタを7日間で克服する本

話ベタを7日間で克服する本

話ベタを7日間で克服する本

Kindle本
販売:パンローリング株式会社
松本 幸夫 著

内容紹介

会議の席で、手をあげようかどうしようか迷って、結局「まあ、いいか」と何もいわずにすませてしまう。ところが、自分と同じ意見を他の人がいい、周囲からほめられる。「なんだ、発言しとけばよかった」と思っても後の祭り……。こんな苦い悔しい思いをしたことはないだろうか?
あるいは、スピーチするにしても、友人同士の問では会話が弾むのに、人前に出たとたんにあがってしまい、シドロモドロ。そもそも、出だしに何を話したらいいのかがわからない。ジョークをいって笑わせるような欧米人式がスマートでいいのか、まじめにあいさつしたほうがいいのか……。冷や汗は出るし、震えるし、何を話したのか覚えてもいない。そんな体験はないだろうか?
現代は""スピーチ・プレゼンテーションの時代""といわれている。仕事・ビジネスにおい
ていくら商品力・サービスカが備わっていても、それを正しく伝達する能力がないと、100
のものも60や70にしか伝わらない。仮に、他社が商品力やサービスカで劣っていても、80をそのまま80伝えたら、顧客はそちらを選ぶことになる。
これは商品だけでなく、あなたのパフォーマンスに置き換えてみても同じで、プレゼン能
力のある人は、他から「能力がある」と認められ、人生すべてにおいて成功するチャンスが拡大する。
 10年くらい前と比べると、日本人のスピーチは上手になってきている。以前はスピーチの実習でも震えてしまって話ができないとか、極端にアガってしまって、シドロモドロという人がかなりいたものだが、最近は研修でも、「この人はうまいな」という人が数多くいる。そもそも話す機会が増えたことや、テレビなどで上手な人のスピーチを観る機会が多くなったということもあるのだろう。
 ただ、どんなに上手な人でも「アガル」ことはあるし、レベルそのものは上がっても
「100%満点」という人はそう多くないのも事実だ。                 ロベタはもう克服できない、生まれつきだから仕方がないなどとあきらめてしまっていないだろうか?
 話し方(伝達・発表・表現力)には基本的なルールというものがあり、これを知っていたなら、同じ時間で大きな成果が得られる。スピーチであれば、もう決して「ロベタで話したいことの半分も伝わらない」などということはなくなる。
 話ベタで困っている人に、実践して7日間で克服できる本書は、まさに最適だ。
スピーチやプレゼンの細かな状況も想定しているから、読んですぐに仕事にも活用でき、その効果が実感できるはず。もしも本当に、本書をじっくり読んで実践したなら、あなたは""セミプロ級""の話し手に必ず変身できるだろうし、中には、本当に""プロ級""になる人も出てくるはずだ。

2016年06月10日リリース 詳細・ダウンロードはこちら

この商品のレビュー


2016年06月10日リリース 詳細・ダウンロードはこちら

ページのTOPへ戻る